こちらで断然安いウィンドウショッピングをやっています。

⇒⇒ 人気タトゥーシール等の関連商品がズラリ(5,000件)


★★★今週一番売れたファッション商品はこちら★★★



スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

category : - | - | -
ページトップ▲

タトゥーデザインの消し方

タトゥーデザインの消し方を学んでおきましょう。

基本的には、皆さんがご存知の通り、消す事はできません。
しかし、タトゥー自体を消すという意味合いでは出きるようです。

それは、消した痕が残るという事です。
方法は、レーザーを当てて焼き消す形になるそうです。デザインとなっている
タトゥーをレーザーで焼いてしまって誤魔化してしまうという方法になります。


もちろんですが、保険も利かず、レーザーを当てていくことになるので
痛みも伴う事になります。

タトゥーは、基本的には一生背負っていく物として入れていくべきでしょう。


その覚悟ができない者は、入れるべきではありません。
しっかりと入れた後の状況などを理解してから入れてください。

銭湯や温泉などの、公衆浴場には入れなくなる事があります。
あとから、文句を言われる方がいますが、そのような事がないように先輩方や
彫師の方に話を聞き、受け入れる事ができるのであれば入れるようにしてください。

お洒落ではありますが、現状ではそれなりのリスクを伴う訳です。
category : タトゥー・デザインの知識 | comments(12) | trackbacks(158)
ページトップ▲

タトゥー デザインの技術

タトゥーの技術に対しては、手順として「筋彫り」を
行っていきます。

それは、枠のような形で色を入れる前の枠彫りと考えてもらって支障はありません。
墨で絵柄の輪郭を彫っていき、色いれを行っていくときに色がはみ出て
しまわないようにするために筋彫りを行っていきます。


タトゥー デザインを行っていくときには、時には体の傷跡やあざを
隠すために行う方が多く見えます。
それは手段としてよく利用されています。
しかし、傷跡に入れる場合には、色が上手くのらず滲みやすいの気をつける必要が
あります。逆にデザインを入れて行きたいところに傷跡があると、
タトゥーの望むデザインがうまく入れられない事がありえます。

一度、彫り師の方に相談をしてから決断するようにしてください。


豆知識になりますが、タトゥーの墨の中にはブラックライトで光るものがあります。
ブラックライトで照らされた店内で、怪しく光るなんてこともあります。

狙って行うのも良いでしょう。
category : タトゥー・デザインの入れ方 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

タトゥー デザインの技術

タトゥーの技術について学んでいきましょう。

特にどのような手順で作業を行っていくのか、そしてどのような知識があるのかを簡単にまとめて行きたいと思います。


タトゥー デザインを載せていく時に、タトゥーを彫るためには彫り方が
大きく2種類あります。針を手で突く「手彫り」、タトゥー・マシーンを使用して
彫っていく「機械彫り」の2種類です。

一般的にはタトゥー・マシーンは誰でも手に入れられるんですが素人では
事故に対処できないかもしれないので避けられるようです。

そして手彫りではその機械彫りと比べて発色が長時間保たれると言われています。
彫り師の方がどちらを選ばれるのかはしっかりと確認していきましょう。


作業は、多くの色を使用して針の先にちょこっと色をつけて入れていきます。
針を斜めに2mmほど刺しながら皮下組織にタトゥーのデザインにインクを
入れていく事になります。
場所によっては、痛い場合があります。

背骨の上や胸部中央などの肉の薄い場所はかなり痛いと言われていますので
入れる方は覚悟をしてください。
category : タトゥー・デザインの入れ方 | comments(1) | trackbacks(12)
ページトップ▲

トライバル・タトゥーへの興味

トライバルとは「部族の」という意味になります。

現在、トライバル・タトゥーに興味を持っている方も少なくはありません。
羽や鳳凰などのデザインではなく、部族の象徴とも言えるアフリカの魂のような
トライバル・タトゥーに惹かれる気持ち、とてもよくわかります。

レゲエなどに代表されるアフリカ民族のトライバル回帰の考え方は
とても強い気持ちだといえます。


タトゥー デザインでは、その民族性を強く出し、
部族の誇りとしてのデザインを数々と生み出しています。

彼らは、何千年もの間、生かしてくれた自然の力と祖先の魂から得た知恵を体得し、
シンボル化しています。ちょっと話が抽象的になってしまいましたが、
それだけトライバルとしてのタトゥー デザインは思いの深いものになります。

タトゥーをのせたときの重厚感、威圧感などは、言い表せない程の力がありますよね。実際に直にご覧になった方にはわかると思います。

考え方は人それぞれですが、デザインの選択として選ばれるのも良いと思います。
category : トライバル・タトゥーの知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

ネイティブアメリカンのシンボル

ネイティブアメリカンのシンボルといえば、「蛇」といわれます。

古代アメリカ文明や縄文文明においても、蛇は重要なモチーフであり、
古代アメリカ文明においてでは、とくに最高神としてあがめられていました。
蛇のシンボルは、土器等にストレートに描かれています。
その為、すぐにわかります。
紐を土器周辺にまきつけているのが多く出土されています。


タトゥー デザインとしてもトライバル・タトゥーとして、
蛇の絵柄が取り上げられる時があります。
アイヌの独特のデザインであったり、イカラカラが使用されるなども
蛇のデザインとしては多くあります。

トライバル・タトゥーとして、部族的な意味を必要以上に強く意識して
デザインを行っていく事はあまり必要はないと思います。
ネイティブアメリカンのシンボルとしては、呪物や守護物をイメージして
デザインされたタトゥーが多く、人々の魂を守る儀礼的な意味を
あらわしているものがあります。


多くのタトゥー デザインがありますが、一つのデザインをとっても
多くの深い意味を持っていることがわかると思います。

トライバルのデザインでは、特にそのような事が多くあります。
category : トライバル・タトゥーの知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

入れ墨とタトゥー

入れ墨とタトゥーについて見ていきましょう。


日本のイレズミには大きく3つの意味と方法があります。
ボディペインティングとは「絵身」、傷跡のような模様のものが「瘢痕」染料を
入れていくものとしては「文身」「入墨」「彫り物」「刺青」などと言われています。
ただ、イレズミとはこの全ての意味をもっているといえます。


これらのような行為も、模様や方法が違っていますがすべて目指すところは
同じでありタトゥーであるとも言えると思います。
現在は、人それぞれの感じ方で呼び名を変えている様な印象を私は受けます。
実際に呼び名としてはそこまで、重視しないでしょうがどのような
流れがあるのか程度で理解しておくのもよいかと思います。


タトゥー デザインとしての柄について学ぶのもよいですが、
その背景や周りの事を知ることで、もっとタトゥーを好きになれると思いますよ。

まずは、簡単なタトゥーシールから始められるのが良いと思います。
タトゥーシールはパッとみの派手さはないですが、よく使えるので意外と便利です。
category : タトゥー・デザインの知識 | comments(0) | trackbacks(1)
ページトップ▲

ファッション・タトゥー

ファッション・タトゥーを入れる方は、男性、女性問わず
現在ではいろいろなタトゥー デザインを多くの若者たちが入れています。

タトゥーを入れることへの戸惑いや周囲の声は、昔と比べて比較にならないほど
寛容になり、認められてきているということでしょう。


タトゥー デザインをファッションとしてとらえて、そして服装に合わせて
シールなどを利用して身体に直接デザインをいれファッションを楽しむ。

有名な芸能人の方も最近ではそのようなスタイルを取り入れているようです。
これから、どのようなスタイルが流行し、若者が取り入れていくことになるのかは
わかりませんが、さらに多くの方がファッション性を理解して、
タトゥー デザインを考えるようになるとよいですね。


これからも多くの若者が新たなトライバルへと発展して行き、
自らの手でファッションを楽しんでいくことでしょう。
category : タトゥー・デザインの知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

タトゥー トライバルのデザイン

タトゥーのトライバルを学びましょう。

タトゥー デザインを学ぶ中で、トライバルは人気もあり、ルーツとも言われます。
知識に入れておくとよいですね。
さて、トライバル(tribal)ですが、「部族(tribe)的な」という意味になります。

そして、タトゥーのカテゴリーでは、東南アジア、南アメリカ部族、
オーストラリアのアボリジニーのシンボルとしてあらわされているデザインの事を
指しています。


タトゥー デザインの柄としては、墨一色で、幾何学的な柄が特徴です。
刺青・タトゥーシールやステッカー、イラストでも良く見るデザインだと思います。
体全体のバランスからデザインしているのも、特徴の一つで、
体をデザインするタトゥーともいえます。

そして、これらの図柄を現在風にしたのが、今のトライバルになります。世界的なニューエイジ文化として、大流行しました。


龍や蝶、さらにはハートなどのデザインもよいですが、太陽などのシンボルを
あしらったトライバルのタトゥー デザインもとても魅力的ですね。

バカラのToribalというペンダントもそのような部族の象徴的なイメージを
元につくられたのであろうと思います。TATTOOのTORIBALの歴史を
学んでみるのも面白いでしょう。
category : トライバル・タトゥーの知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

タトゥーの歴史とフラッシュ

タトゥーのデザインを行っていく前に行う下絵の事を、
フラッシュといいます。専門用語になりますので、ご存じない方もいると思います。


昔、ヨーロッパやアメリカでは1つのデザインがいくらという感じで、
値段が決められ、そしてショップにデザインが並べられ、値段が載せられています。

彫師の方々はそのタトゥー デザインのフラッシュを集めてデザインを選び
仕事をしていました。19世紀から続くアメリカン・タトゥーのデザイン的な
美しさをフラッシュの中にみて、世界に紹介して言ったといわれます。


現在はオリジナルなタトゥー デザインが主流です。

最近では大きなデザインを直描きが推奨されるようです。
機械的なタトゥー デザインの場合はステンシルを用いて行っています。
category : タトゥー・デザインの彫師 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲

タトゥーと刺青の違い

タトゥー デザインを見ていく中で、少し疑問に思う、
タトゥーと刺青の違いについて考えて見ましょう。

よく言われるのが、「和彫」が刺青で「洋彫」がタトゥーです。
あるいは、手彫りを刺青で機械彫りをタトゥーと呼ぶ考えの方も見えます。


しかし実際には、人それぞれの考えて方によって違いは説明されるのが現実です。
人によっては、体全体を覆うような大きく仕上げられたデザインのものを
刺青といいます。

そして、作成後に大きな作品の一部になるであろう物も刺青と言われます。
タトゥーとはそれ以外のデザインを持つものであるとしています。
「体全体を覆う」というその考えは、私はしっくり来る気がします。

タトゥー デザインを考える上でも、気の持ちようですが、タトゥーにするのか
刺青にするのか、なんて事をちょっと気にしてみるのもいいですね。

捕らえ方によってはそのタトゥー デザインを刺青だと言う方もいるかもしれませんね。
category : タトゥー・デザインの知識 | comments(0) | trackbacks(0)
ページトップ▲
Page: 1/2    >>
タトゥーのデザイン絵柄サイトトップへ

カテゴリー

最近の記事

RSSリーダーに登録

  • Subscribe with livedoor 

Reader
  • はてなRSSに追加
  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google

リンク集

ブログ内を検索

Sponsored Links

Feed

無料ブログ作成サービス JUGEM